ブログ

新語

みなさまごきげんよう、これから数日は突然の真冬になると言われています。暖冬で甘やかされた身には堪えそうです。お気を付けくださいませ。

さて先日ある会合でのこと、 ”あ、ごきげんようの人!” と、意外な言葉で出会いを喜んでいただく機会がありました。このブログを読んで、いつもはじめと終わりはごきげんようであること、覚えていてくださった方との出会いです。

とても嬉しいことです。ごきげんよう、が当たり前の優しい時代になりますようにという、願いを込めていつも書いています。

すでに当たり前のように使われる、キレるも、煽るも、数十年前までは今時頻繁に使われているのとは、異なる使われ方だったと思うのです。

初めて、キレる、や、煽る、という単語がそれまでの日常生活へ割り込んできたとき、「あら、素敵な言葉」と思った人は稀なはずです。その違和感を大切に、始めに馴染まなかった単語は、いつまでも、馴染まない単語のまま捨て置こうと思っています。

いつか、逆に、ごきげんよう、のような優しい挨拶が、見直され、他の多くの優しい言葉たちと共に、広く使われるような、優しい時代になりますように。

”ごきげんようの人” こんな嬉しいニックネーム、ありがとうございます。そう呼んでくださったOさん、どうかごきげんようお過ごしください。あと数日の寒さを、ご一緒に元気で乗り切りましょう、それではみなさまごきげんよう☆

最新記事

検索